Blogブログ

ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。ここに説明文が入ります。

☆酸性縮毛矯正☆

ディアンクでは、酸性の薬剤の縮毛矯正がメニューにあります。

これまでの、アルカリ性の縮毛矯正との違いはなんといっても髪の痛みが違います。

いままでの縮毛矯正では薬剤の浸透のため、または還元剤のパワーを上げるために、

アルカリ性が使われてきましたが、このアルカリが髪に大きなダメージを与えてきました。

そこで、アルカリ剤を一切使わずに、酸性領域で髪に影響を与えることのできる、

新しいパーマ液(GMT、スピエラ)を使い、縮毛矯正をするメニューを開発しました。

 

酸性縮毛矯正のメリット、デメリット

やはり、大きなメリットとしては、これまでの縮毛矯正に比べて、

圧倒的に傷まない事にあります。

アルカリ剤を使わないとこんなにも違うのかと、私達美容師も驚きます。

髪を薬剤で十分に軟化させた後にもちろんアイロン操作を行いますが、

髪の癖を取るためには、(膨潤と熱)の理論を用います。

ですから、髪が水で膨潤している状態でアイロンしていく必要があります。

(水に濡れたままアイロンする)

もちろん、水に濡れた髪に使える特殊なプレートのアイロンを使っていきます。

濡れたまま、アイロンで髪の水分をとって行きますので、とても時間がかかります。

デメリットは、時間がかかる事です。

しかし、サラサラに仕上がる髪質はとても喜んでもらえます。

そして、短く切り込んだ前髪も水抜きのアイロンでは、とてもナチュラルに仕上がって、

ストレートをかけたなんて、全くわからないほどです。

美容師も、感動する酸性縮毛矯正をぜひお試しください。

時間がかかるので、技術料は少し高めになっています。

¥23000(カット込み)

予約の時は酸性縮毛矯正と言ってくださいね。

時間は4時間から5時間ほどかかります。

関連記事